こぼんさん寺子屋修行2日目
新聞紙を使ったアイデアたっぷりのお楽しみ会。元気一杯な子供達はもう大騒ぎで盛り上がっていました。バルーンも楽しそうでした。
寺子屋修行も2日目。
朝は6時に起き、ラジオ体操、朝のお勤め、
そうじなどをしてから、
朝食をいただきました。
規律正しいお寺での生活も、2日目になると、時間どおり、きちんと動けているようです。
お札にそれぞれの願い事をかき、護摩法要の準備。昨日自分達で作ったばかりの数珠をつけ、願いをこめて、お経を唱えます。
こどもたちのかわいい願い事がかないますように。
火を焚き、厳かな雰囲気の中、子供達はこの寺子屋修行で幾度となく唱えてきた、『般若心経』を真剣な面もちで唱えていました。
このかわいい子供達が、清い心を持って、
毎日を元気に過ごして欲しいものです。

2日間に渡った寺子屋修行もいよいよさいごのまとめです。
『おもいやりの心』がテーマだった寺子屋修行。最後のまとめでのみんなの発表は、
「人の分も手伝って、そうじや机運びができました。」
「小さな子を手伝えました。」など、仲間を思いやる気持ちがしっかりできたようです。
6年生のお兄ちゃんの「中学生になっても手伝いに来たいです」との言葉が印象的でした。
大きな子は下の子をみる。そんなことがとても自然にできた2日間だった様に思います。
みんな仲良く、楽しく、しっかり修行できましたね。
今年もみんなとってもよくがんばりました。

ちょうど7月22日は皆既日食の日。みんなで不思議な天体現象をみることができました。曇り空の合間から、ちらり。。
最後は一人一人『修了証』を受け取り、この二日間お世話になった方へしっかり『ありがとうございました』のあいさつをして、無事に全ての行程を終えました。

それぞれ思ったこと、感じたことは違っても、この二日間は思い出深いものとなり、とても貴重な体験になったと思います。少したのもしくなって、それぞれ帰っていきました。きっと、お家の方へもいろんな報告をしたんでしょうね♪

生き生きとした子供達の笑顔がたくさん見れてとてもよかったです。また来年です。
お世話になった方々、ほんとうにありがとうございました。
←1日目にジャンプ