さんこうの松
この松は、『三鈷の松』と呼ばれ、弘法大師の右手に持たれている、密教の修法に用いる法具『三鈷杵』のように葉が3本ある珍しい松です。
弘法大師・空海が唐から三鈷杵を投げたところ、この松に引っかかっていた…という言い伝えもあり、有り難いお守りとして、落ちた松葉をお持ち帰りになる参詣者もおられます。
『生かせいのち』と刻まれた碑
Copyright(C) since2007 光明寺, All rights reserved.